読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マザー牧場に行ってきました

生まれて初めて、マザー牧場に行ってきました。

高原的なところには何回か行ったことがあるけど、「牧場」と名のつく場所には行ったことがなく、

会社の先輩から「めっちゃくちゃハマるわけではないけど、一回行っといて損はないと思うよ。楽しいし。」というリアルなアドバイスをいただいていたので、

いざ。



マザー牧場は千葉県の君津にあるので、東京からは電車とバスで向かいます。


このバスがキモで、君津駅マザー牧場を往復する無料バスは

行きは10:40発、帰りは15:30発ということで


入場して早々、


お昼たべて!!動物と戯れて!!ショー観て!!!おやつたべながら移動して!!牧場内のツアーに参加して!!!


帰る!!!

という割とカツカツなスケジュールを強いられてしまいました。


でも、今考えるとちんたらするよりよっぽど良かったな。大人は大満足の濃度でした。

ツーブロックのアルパカ。





でかすぎて遠近感狂う、牛。








タトゥー入った羊飼いのお兄さん(外国人)が

「もうすぐ、ぼくの頭と同じになるネ!」

と言って羊の毛を刈るショー。










無難な馬。かわいい。




などを堪能しました。



あと、写真撮るの忘れたけど、お昼に食べたステーキについてたソーセージがとてもとても美味しかった。


次行った時はビールも飲みたい。

NF将棋を見て


私はサカナクションが好きです。
まぁーよーーっっっく聴いています。

そんな折、サカナクションがNFパンチというスペシャ限定のバラエティ番組を立ち上げました。

当然のことながら、めっちゃ見たい。
でも私にはスペシャを受信するようなお金もないし、まずテレビを持っていない。


いつか地上波で…という淡い希望を持ちつつ泣き寝入りをキメていたところ、番組公式サイトで、番組の中のワンコーナー「NF将棋」だけ公開された。

観ましたわ。

めっちゃおもしろかった…。


コーナーの概要を説明すると、一般人を写したファッションスナップから、その人が好きなミュージシャンをあらかじめ用意された選択の中から当てるというもの。

先に3勝をとったほうが勝ち。

選択肢は、

サカナクション
クリープハイプ
・ONEOKROCK
・L'Arc〜en〜Ciel
スピッツ
椎名林檎
エルレガーデン
キリンジ
モーサムトーンベンダー


…だったかな?あと誰かいたかもしれない。


サカナクションの番組だから、やっぱり所謂ロックに括られる人たちが選択肢になっている。



観ている自分も、サカナクション椎名林檎キリンジは好きだ。

だから、問題となるスナップ写真が露わになると

「いや君絶対サカナクション好きでしょ!その重めの前髪とシャツのボタンを上までしっかり締めているのがサカナクションめいているぞ!」


となる。


案外しっかり服装の特徴として出ていることに感心すらしてしまう。椎名林檎ファンなんかもう見た瞬間分かった。

独りで見たのが悔やまれる。
同じような音楽が好きな人達と観たら、

「L'Arc〜en〜Cielはほっこりチェック柄使わんだろww」

とかアレコレ言って予想できておもしろさ2倍になっただろうな。


全部見たいくらい面白かった。


興味のある方は是非…。

#NFパンチ
spaceshowertv.com/nfpunch/





それにつけても、まじほんと服装に出てしまっている。



たしかに職場の後輩も、「この子、東京事変好きそうだなぁ…」と思った子がほんとに東京事変好きだった。


先輩も、クリープハイプが好きで、ライブに行くとみんな同じような服装(古着っぽいスカートにベレー帽)をしていると言っていたしな。



あらためて自分のクローゼットを見ると、私服が全くない。


サカナクション好きをにじみだすアイテムもない。




私服、買いに行こう(_ _).。o○

広告を非表示にする

親知らずを抜いてしばらく経ちました

こんばんは。

先日、親知らずを抜きました。
大学生になった頃から痛み出し、疼きと痛みに堪えきれず遂に、親知らずを抜きました。

左の上下を抜きました。

抜いたのは1日9日なので、
抜歯から2週間と少し経ちました。

さすがに痛みはありませんが、抜歯後に空いた歯茎の穴が塞がっていません。
何か食べるたびに、歯磨きとうがいが欠かせません。(医師からの指示ではなく、私が勝手にやってるだけだけど)

いやぁ、抜いた当日から1週間はとてもつらかった。腫れや痛みで何もする気が起きず、はやく楽になりたいと…。

腫れ上がった左頬を見るのと、終始傷む状況とで根性なしの私にはとても辛かった。右側はまだ抜いていないけど、また同じ日々が来るかと思うと「このノリで反対側も抜こうー」とは絶対にならない。頼むから右側の親知らずはそのまま何事もなく、千代に八千代にさざれ石の巌となりてほしい。

腫れと痛みに白目をむきながら、ふと

不要な歯を抜くために歯茎を切開しただけで、こんなに気が滅入る数日間を過ごしているのに、世紀の大整形で有名になった某アイドルちんなどは顔面を手術で変えるなんて、どれほど痛かっただろう…

と思った。

久しぶりの購入品

美術館に行った帰りに久しぶりに買い物をしました。






キャンメイクのハイライトブラシとクリームチーク

ケイトのアイブロウペンシル

LBのアイライナー

マキアージュのマニキュア


です。

今年もプチプラで頑張るぞ!!!


今使ってるアイライナー切れたという理由もあったけど、特にLBのアイライナーは見つけた瞬間感動した。

このアイライナーは800円という破格な上に、全く落ちない。そしてプチプラにはあまり見ない良い具合のバーガンディー色なのです。

多分リニューアルしたものだと思うんだけど。

リニューアル前のは落ちにくくて色も好きだったのに、芯が太くて描きづらくてたまにコンタクトに色ついちゃってたんだけど(わたしが不器用なのもある)

今回は芯が細くなって登場とあれば活躍間違いなしだな!!ただこのアイライナーは乾燥が大敵で乾くと全く描けなくなる。ズボラなのでキャップをしっかり締めて管理しないといけない…


あとケイトのアイブロウはとにかく描きやすくて自然な仕上がりになるのでもう何本目かわからないほどリピートしている。

これ細いからすぐ使い切ってしまう。もっと長ければいいけど、折れやすくなるとか何か理由があるのかな。


マキアージュのは塗るとクリアになります。今持ってるマニキュアで仕事中でも付けられる無難なものが全てドロッドロになったので、とりあえずこれをつけておきます。


クリームチークは試しに使ってみようかなと。


ハイライトブラシは1本も持ってなかったので買ってみた。本当はもっと平たいのが良かったんだけど、安さ重視です!


以上!明日からの仕事がんばる!!

広告を非表示にする

ジブリ美術館に行ってきました


真冬とは思えない快晴のもと、ジブリ美術館に行ってきました。

初めて行ったけど、ジブリ美術館って創設からもう約15年も経ってるのね。
そういえば小学生の頃友達からお土産をもらった記憶がある。


お昼の入場に合わせて三鷹に降り立ち、バスで美術館へ行きました。

いわゆるインバウンドと祝日ということもあり館内は外国人子供外国人子供外国人子供でかなり賑わってました。

外観を見るだけでわくわくします。


館内は撮影禁止です。


今は、江戸川乱歩の幽霊塔という作品からヒントを得た内装になってまして、ホワイエに特設で時計台のような"幽霊塔"が建立されてました。


子供や小さな人は幽霊塔の中に入れます。

あと塔の麓のハンドルを回すと、てっぺんにある大きな時計がぐるんぐるんと動き出す仕掛け付き。


館内はジブリの創作部屋を模したブースが幾つかあり、作品が出来るまでの諸々が展示されていて、いたるところに宮崎駿のコメントのようなものがペタペタと貼ってありました。思っていたよりスタジオジブリのスタッフの意思が投影されていたように思います。

アニメーションには全く明るくないので、なんとも幼稚な感想になってしまうけど、アニメというのは夢とか空想とか漠然としたものを起こす割にかなり理論的に作られるのだなと思いました。

時間があるときにまたじっくり見たい。



そして美味しいごはん。
ボリューム満点でした…お腹いっぱい…。




こういう大人でも興味がわく仕掛けがありまして、あっという間に時間が過ぎました。




トトロ〜
下にまっくろくろすけがひしめき合っているのが可愛い。






お土産はおなじみマンマユートのトートバッグと、一番好きな紅の豚のバッヂ類。

トートバッグは夏になったら使おう。
バッヂは通勤の時に使うサブバッグに付けました。





また行きたい。

私服


こういう普段から挑戦したいけど微妙な、ダサ可愛さのものはセール品に限る。


こりゃ薄い色のデニムと合わせると良さそうだ。


靴は何がいいかな


灰色のなんかちょっともさもさした生地のパンプスかな…


語彙力に難がある!



春にならんかなー

広告を非表示にする

椎名林檎のライブに行ってきました

12月8日神奈川県民ホールでの、椎名林檎のライブを観に行ってきました。

仕事を素早く切り上げて向かって、開演ギリギリに到着したので写真などはありません。

せっかくなので感想をまとめていきます。



まず、わたしは椎名林檎のライブに行くのは今回が生まれて初めてで、さらに曲もシングルと大まかなアルバムは聴いたことがあるけれど知らない曲のほうがきっと多いというレベルです。


感想を一言で言うなら


つ、艶が歩いている



色っぽいとは話に聞いていたけれど、
広いステージの真ん中で、長く垂れたマイクコードを自由自在に連れ回し、指に絡めながら歌う姿があだっぽく、時に、そこまでする必要ある!?と驚くほどの露出もあり、服を着てもなお色っぽい。




これは演出なのか、それともちょっとしたハプニングなのか分かりませんが、


ある曲の間奏中にマイクをステージの真ん中にあるスタンドに置いて、自身はステージ後方に歩くパフォーマンスがあったのですが、



間奏が思ったよりはやく開けて、歌いだしに間に合わなくなりそうで、


焦りながら少し駆けてスタンドにガバッとしがみついて歌いだす


ということがあり、それがすごーーーーく色っぽくてかっこよかった。

自分でもポイントがよく分からないけど笑

演出だったのかな?



あとは、レキシと一緒に出した曲のきらきら武士は、


「この曲歌ってこんなにかっこいい人は、椎名林檎しかいないな〜」

としみじみしてしまいました。

だって、あなたは武士、キラキラ武士♪ですよ。



そんなわけです。



あと、これは結構な驚きだったのですが、


観客があまり動かない!!!


みんな、ステージを見つめて旗を控えめに振る。


踊ったり手をあげたりしない。


でも、たしかに、余すことなくステージを観たくなります…。




歌に関しては、初めて生で歌ってる声を聞いて、弦楽器みたいだなと思いました。


CDで聴いた時も何回か思ったことがあるけど、なんかバイオリンとかチェロとか弦楽器っぽい声がする。

なんでだろうなぁ。







こんな感じかな!!


ライブには時間に余裕を持って行きたい!